うずらのーと in台湾

大学在学時に国立台湾大学で一年間の交換留学を経験し、台湾の虜になる。大学卒業後は、台湾でのワーホリを経て、台湾国立政治大学の大学院へ進学。専門分野は言語比較や言語教育など。週末は海辺で台湾ビールを飲みながら過ごす。

台湾在住歴5年の筆者が、台湾の魅力を発信したり、便利な中国語をシェアするブログ。 台湾での交換留学、大学院留学、ワーホリ、中国語学習、HSK、TOCFLなどの役立つ情報も提供予定。

中国語の「放鴿子(鳩を放つ)」 は「ドタキャン」の意味。語源・例文

こんにちは!うずらです。

 

最近、ある笑い話を思いつき、台湾の同僚に仕掛けてみる事にしました。 

うずら:「你知道奧運開幕時放什麼鳥嗎?(オリンピック開幕時に、放つ鳥って知ってる?)」

同僚:「不知道...鴿子嗎?(分かんないけど、鳩?)」

うずら:「沒錯!因為鴿子是和平的象徵。(正解!ハトは平和の象徴だからね。)

           那,東京奧運放什麼呢?(じゃあ、東京オリンピックは何を放つでしょう?)」

同僚:「不是鴿子嗎?是日本的鳥嗎?烏鴉或者白鶴之類的?

            (ハトじゃないの? 日本の鳥?カラスとか鶴とかそういう類?」

うずら:「不是的,答案是東京奧運放鴿子

     (違うよ。答えは、東京オリンピックは鳩を放つ。」

 

これを聞いて、同僚がどれだけ爆笑したかの話は、割愛させて貰いますが、

さて、この話のツボがお分かりになりましたでしょうか?

 

「放鴿子」の意味

中国語に、「放鴿子(fàng gēzi)」という言葉があります。

直訳すると、

「放(fàng)」=放つ

「鴿子(gēzi)」=鳩(ハト)

つまり、「鳩を放つ」という意味になりますが、

実際、慣用句として「ドタキャンする」という意味で使う事が多いです。

例えば、

「我被她放鴿子了。(彼女にドタキャンされた。)」

のように使いますね。

 

僭越ながら、自分で考えた笑い話を解説させて頂くと、

「東京奧運放鴿子。」は、「東京オリンピックは"鳩を放つ"。」と

東京オリンピックは"ドタキャンする"。」の二つの意味を掛け合わせているんです。

 

中国語の「放鴿子」と日本語の「ドタキャン」の違い

因みに、日本語の「ドタキャン」は「土壇場でキャンセル」、

つまり「相手にキャンセルの連絡をする」事が前提ですが、

中国語の放鴿子は、相手に連絡をしない場合、

つまり約束を完全に「すっぽかす」場合にも使えます。

 

f:id:UZURA:20200405182856p:plain

放鴿子 (ドタキャン)

語源

今日公園のベンチでぼーっと鳩を見ていて、

何で「鳩を放つ」が「ドタキャン」なんだろうという疑問がわきました。

この言葉、超日常的に使う言葉なので、

今まであまり疑問に思いませんでしたが、よく考えてみれば不思議ですよね。

語源については、調べてみると諸説ある様です。

・昔々、伝書鳩を放って手紙をよこすと約束をしたのに、手紙をつけず鳩だけよこし、相手が「何故鳩だけ放って、約束を破るんだ!」と言った為

・19世紀に人気を博した宝くじ「白鴿票」が、大抵賭けてもお金が戻ってこなかった為

・鳩を放つと二度と主人の元に帰ってこない為

などなど

実は、ネイティブも語源が何なのかよく分からないみたいです。

 

以上、「放鴿子」について色々と話しましたが、

なるべく「放鴿子」しない様に気をつけたいものですね。