うずらのーと in台湾

大学在学時に国立台湾大学で一年間の交換留学を経験し、台湾の虜になる。大学卒業後は、台湾でのワーホリを経て、台湾国立政治大学の大学院へ進学。専門分野は言語比較や言語教育など。週末は海辺で台湾ビールを飲みながら過ごす。

台湾在住歴5年の筆者が、台湾の魅力を発信したり、便利な中国語をシェアするブログ。 台湾での交換留学、大学院留学、ワーホリ、中国語学習、HSK、TOCFLなどの役立つ情報も提供予定。

本や雑誌、漫画が千冊以上読めるお客さん思いなセブンイレブン(台北)

大家好!うずらです。

 

台湾の素晴らしいところは、挙げればきりがありませんが、

生活する上で、「本当に素晴らしい!」とつくづく思うのは、

 

コンビニのイートインスペース

 

これ、台湾に住んだことがある人なら誰もが思ったことがあると思います。

日本だと、イートインスペースがあるコンビニってそこまで多くないし、

あったとしても、そこまで広くないですよね?

 

でも台湾は、セブンもファミマもOK MARTもHi-Lifeも基本的にイートインスペースがあって、そして席数も凄く多い。(OK MARTとHi-Lifeは台湾企業です)

 

一階が売り場で、二階がイートインスペースなんてところも結構ある。

だから、

カフェ代わりに友達とおしゃべりする人

自習室代わりに勉強する人

居酒屋代わりに關東煮(台湾式おでん)をつまみにビールを飲む人

商談室代わりに、自社の商品を売り込む人

などなど色々な人がいて、真的很有趣(本当興味深いです)

 

そんな、超便利な台湾のコンビニのイートインスペースですが、

僕が、「え?そこまでする?」って思った

超絶お客さん思いなセブンがあります。

 

それが、台北の文山区のとあるセブン。

外観は、普通の小七(セブンのこと)なんですが

ドアが開くと左側にイートインスペースに向かう階段が見えます。

 

f:id:UZURA:20180820195712j:plain


この構造のセブンって台湾独特ですよね。

日本にはまずないですからね。
台湾の偶像劇(ドラマ)とかにもこういう感じのコンビニが時々出てきます。

ヒロインが、お昼休憩に同僚の上司への愚痴に耳を傾けるシーンとかでよく使われているイメージですね。(マニアック過ぎて伝わらないか笑)

 

はい。そして、二階に上がると、

 

f:id:UZURA:20180814220653j:plain

32席の広々としたスペースの奥に、立派な本棚が!

 

f:id:UZURA:20180814220726j:plain

右上は漫画がズラリ! そしてこの棚、奥にも本が置いてあります。

コナンや、金田一少年といった推理モノが多いけど、少女漫画もありますね。

 

f:id:UZURA:20180814220752j:plain

三国志も全部揃っている!

 

 

f:id:UZURA:20180814220814j:plain

 

そして、昔のだけど、寶島少年(ジャンプ)もある。

 

f:id:UZURA:20180814224505j:plain

漫画だけじゃなくて、文学もありますよ。

赤川次郎もある!

日本の推理モノがお好きみたい。

 

そして、実用的な本も、、、

f:id:UZURA:20180814224430j:plain

 

 

「男女溝通高手」

 

意味は、

 

「男女コミュニケーションエキスパート」

 

え?このおっさんが?!?!

 

完全に牛郎(niú láng:ホスト)みたいなの想像してたわ。

不意打ち過ぎて、逆に読んでみたい!笑

 

そして、ファッション雑誌も

f:id:UZURA:20180814224542j:plain

 

舒淇さん何年たっても人気ですねー。

 

本当にこの店、あらゆるジャンルの本がおいてあるので、ちょっとした暇つぶしには最高だと思います。

 

でも、「コレ本当に勝手に読んでいいの?」と思ったので、一応店員さんに聞いてみました。

 

 

「不好意思,樓上的書是客人也可以看的嗎?」

(すみません、二階の本ってお客さんも読んでいいんですか?)

すると、

「當然可以啊〜」

(もちろんいいですよー)

と言われました。

  

真棒!(素晴らしい!)

 

そして、一階もかなり充実してました。

f:id:UZURA:20180824204224j:plain

 

一階にもたっぷりと休憩スペースが!

台湾人、どんだけコンビニで休憩する気なんだ!と突っ込みたくなる

 

f:id:UZURA:20180824204316j:plain

カウンターの端には、当たり前のように、血圧測定器が置いてある。

 

そして、特筆すべきがこちら

 f:id:UZURA:20180820195824j:plain

親子用読書スペース 完全完備です。

 

これ、もし日本の友達に「ここはどこでしょう?」クイズを出したら、

絶対に当てられないだろうなー。笑

「え?ここコンビニでしょ?」って普通はならない。

(コンビニなんですけど笑)

 

f:id:UZURA:20180820200131j:plain

絵本がいっぱい。

 

f:id:UZURA:20180814224749j:plain

こ、これはこれは!ぐりさんとぐらさんじゃないですか!

日本の国民的絵本も、台湾で親しまれているみたいで、嬉しいですね。

 

f:id:UZURA:20180814224831j:plain

ココ来れば、身長も測れますよー

 

「パパー身長測りたい!」

「よし、じゃあセブン行こうかー!」

 

って感じなんでしょうか?この辺に住んでいる親子は。

 

中国語でコンビニの事を「便利商店」というだけあって、本当にめちゃくちゃ便利。

 

 店員さんによると、

「もう読まなくなった本を捨てちゃうの、もったいないでしょ?

だからたくさんのお客さんに読んでもらいたくって置いているの」

 

本当にお客さん思いなセブンだなと思いました。

 

流石、台湾は世界一のコンビニ大国と言われているだけありますね。

また、面白いお店を見つけたら、みなさんにご紹介しますね!

掰掰〜 

  

(この記事の画像は撮影・掲載許可を頂いております)